前へ
次へ

ハンバーグの中身が焼けていないとき

肉料理を作る時には火の通り方に注意しなければいけません。
一般的にはきちんと中まで火を通す必要があり、豚肉だけでなく牛肉においても火を通した方がいいケースがあります。
ハンバーグはミンチ肉を使いさらに合い挽き肉なので中まで火が通っていないと安全に食べることができないでしょう。
ハンバーグを焼くときには焦げ目が適度に付くようにすると美味しそうに見えます。
しかし焼きが甘かったりすると中まで十分火が通らないときもあり焼き直しが必要になります。
既にフライパンを洗ったりした後にまた焼き直すのは面倒に感じる人も多いはずです。
いろいろな方法で生焼けをリカバリーできます。
簡単に中まで加熱する方法としては電子レンジがあります。
その他オーブントースターを使う方法も簡単でしょう。
オーブントースターでそのまま焼こうとすると焦げが強くなりすぎるときがあるので、子がしたくないのであればアルミホイルで包んで焼くなどすると加熱のみすることができるでしょう。

Page Top