前へ
次へ

ハンバーグの成型時にへこみを作る理由

各家庭で料理を作るとき、同じような工程でも作り方が少し異なるときがあります。
コロッケとハンバーグといえばどちらもタネを作っておきそれらを成形した後に焼いたり揚げたりします。
成型する時にはどちらかといえばきれいに整えることが多く、あまりいびつな形にしないでしょう。
ハンバーグを成型するときに行わないといけないのが真ん中にくぼみを作ることでしょう。
レシピ集などにも出ていますしプロの料理人もその通りに成型をしています。
もちろんくぼみを作るには意味がありますが、その意味を知らずに作ろうとすると失敗につながる可能性があるので注意しましょう。
肉は加熱をすると縮む性質があり、ハンバーグも加熱によってどんどん縮んできます。
へこみを作っていないと縮む過程で真ん中が盛り上がりその部分の火の通りが悪くなります。
つまり中まで火が通らなくなる可能性があります。
へこみがあると縮んだ時にへこみ部分が膨らむことで均等の厚さになり、火の通りも均等になります。

Page Top